薪ストーブ導入までの流れ

まずはお店で見て、体験してください。


ヒッコリーでは常時数種類の薪ストーブを展示しています。
冬期には実際に薪ストーブに火が入っていますので、ぜひ一度お店で優しい暖かさを体験してみてください。

1 打ち合わせ、調査


ライフスタイルや設置場所に合わせて薪ストーブの機種が決まったら、煙突の抜き方など設置に向けての打ち合わせをします。
新築やリフォームの場合、家の設計とストーブプランニングを同時進行させるのが理想的です。既存住宅に導入する場合は現地調査を行い、どのような工事が必要か判断いたします。

2 お見積り


打ち合わせや現地調査の内容をもとに、お見積書と設置計画図面を作成します。図面には薪ストーブを安全に快適にご使用いただくための適正な配置や仕様が書き込まれています。
ここまでの費用は、基本的に無料で行っています。

3 工事


見積りと工事内容を確認しご契約いただいたうえで、薪ストーブまわりの不燃工事や、床下補強、壁・天井の開口、屋根工事を行い、煙突と薪ストーブを設置します。新築工事の場合は事前に建築工事との区分を決めて、進行状況に合わせて工事を進めます。

4 火入れ


初めて薪ストーブに火を入れる際には担当者が伺い、火の付け方から使用中の注意点など、薪ストーブの適切な使い方を慣らし焚きをしながらご説明いたします。
ぜひ、ご家族揃って、初めての薪ストーブをご体感ください。

5 メンテナンス


薪ストーブのシーズンオフに、煙突や薪ストーブのメンテナンスを行います。
初回のメンテナンスは無料です。お客様にレクチャーしながら作業をして、次回からお客様自身でもメンテナンスが出来るようご指導いたします。「ちょっと大変・・・」というお客様には、有料となりますがメンテナンス代行もお受けしております。