触媒方式、非触媒方式の意味と違いを教えてください。

触媒方式は、キャタリティックコンバスターと呼ばれる触媒に煙を通し二次燃焼するシステムで、非触媒方式は、薪から排出された煙に二次空気として酸素を供給し二次燃焼を促す方式です。

触媒方式は、キャタリティックコンバスターと呼ばれる触媒に煙を通し二次燃焼するシステム
です。この触媒はセラミック製の蜂の巣状の円筒で、煙に火が着く温度にまで下げるものです。つまり触媒内では通常よりも低温で煙が再燃焼(二次燃焼)されます。

非触媒方式は、薪から排出された煙に二次空気として酸素を供給し二次燃焼を促す方式です。これをクリ-ンバーン方式と言います。

それぞれの特徴を比較すると、触媒方式の方は低い温度で二次燃焼を開始する事ができ、燃焼効率も非触媒方式を上回ります。しかし、触媒はメンテナンスが必要で最終的には交換の必要もあります。定期的な交換部品が少ない分、非触媒方式の方がコスト面では優れていると言えます。 操作面では、触媒方式には二つの排煙経路があり、ダンパーにより一つか二つか切り替えれるようになっています。非触媒方式に比べるとより細かな調整が可能です。とはいえ、非触媒方式の操作がチープなものということでは無く、シンプルで簡単だとも言えます。

また新しい燃焼方式として、触媒方式と非触媒方式の利点を兼ね備えた機種も登場しています。キャタリティックコンバスターの替わりにセラミックファイバー製の二次燃焼ボックスを搭載しています。二次燃焼ボックスが高温になる事で排出された煙を二次燃焼するシステム は、クリ-ンバーンをより強化したものと考えてもいいでしょう。 どの方式も優れている点があり、どれが良いということはありません。操作性やコスト面、その他にも各メーカー特色のある薪ストーブを出しています。 相対的に見てどういったスタイルが一番自分に合っているかを考えて選ぶ事が大事です。

qa_syokubai1qa_syokubai2